2016-08-18

さんま船 出船おくり

DSC_0197

大型さんま船漁が20日解禁されるのに合わせ、北海道沖に本日出船しました。

台風7号のせいで一日遅れになりましたが、今日も雨。
それでも多くの方々が集まって賑やかに出船おくり式が行われました。

DSC_0175

大漁祈願の餅まきです。
雨など気にせず、、、「こっちさ撒げ~!!」と声が聞こえてきます。(笑)

DSC_0183

こんなツワモノがいてびっくり!
傘が戦利品のカゴになっていました。

DSC_0201

雨降る中で、「いってらっしゃ~い。」

元気な声のちびっこたち。
可愛い~お見送りに心が和みました。

長い間、投稿しませんでしたがおかげさまで元気に暮らしています。

街もだいぶ様変わりし、店米山武も早ければ来月から解体が始まりそうです。

2ヶ月くらいかけてばらし、基礎撤去等基盤整備、、、に約4か月。

その後、半年ぐらいで復元工事。来秋?か初冬ぐらいには完成する予定です。

それを待たずに、eikoばあちゃんは今年2月に旅立ってしまいました。

色々教えてほしかったことがいっぱいあったのに、突然のことでほんとうに残念です。

どうか、見守っていてくださいね。

 

seiko

 

2015-11-11

内湾今昔物語

DSC06962

秋も深まり、街中の木々も色づいてきました。

久しく更新しませんでしたが、元気に暮らしています。

内湾の区画整理事業はなかなか進まないものの、ビル等が順次解体されて、大分様変わりしてきました。

信用金庫のビルとカトリック教会があるので、ここはどこか分かりますね。

はい、魚町一丁目交差点です。

仙台銀行があった場所にはコンビニが出来ました。

DSC06967

ちょっと見では分かりにくいでしょうか。

土がむき出しの所は、気仙沼女子高があった場所で、災害公営住宅が整備されるようです。

オレンジ色の屋根は産婦人科。

DSC06972

その昔、ワタブンがあったあたりから安波山方面です。角星~相馬屋~米屋を望む。

街区ごとに全て撤去され、かさ上げされ、元の面影はほとんどありません。

写真右側の方に店舗と災害公営住宅の複合4階建てビルが出来る、とのことで基礎工事中です。

DSC06975

ここはどこ?

通称マンボ通りの街区もかさ上げされて、基礎工事が始まっています。

左の角は、七十七銀行があったところ。

米屋は来春ころまでに解体、保存して、かさ上げを待って修復復元になるのでしょうか。

周りの復興状況と歩調を合わせながら、進めなくてはならないのです。

かな~り 気の長~~い話。(笑)

 

seiko

2015-05-28

店米山武の行く末は?建物調査~解体~復元へ

DSC06236

いよいよって感じでしょうか。

店米山武の保存に向けた調査がありました。

建築、不動産鑑定、区画整理事業、、、様々な事業に関わる方々が綿密に調べていました。

土地区画整理が本格的に始まり、基礎撤去やら解体工事が増えてきました。順序は分かりませんが、街区ごとにかさ上げされ、道路の拡張工事や更に基盤整備へと段々進んでいくのでしょうね。

DSC06241

四畳半程度の地下も調査。

米が配給制だった戦時中には瀬戸物を販売していたらしく、売れ残りがだいぶ入っていました。

泥水ヘドロ残がいでしっちゃかめっちゃかだったので、震災後すぐに水を汲み出してある程度は片付けていましたが。。。

DSC06258

石蔵の中の状態も詳しく調査。

蔵の2階にある残留物の仕分け作業を、と言われ、あぁ~難題発生!

ま、ぼちぼちやりましょうかねぇ。

詳しいことはまだ分かりませんが、解体して保存、換地された場所に復元するような話です。

仮換地もまだだし、ほんとに、なが~~~い道程のりですねぇ。

 

seiko

2015-05-14

商港岸壁付近のこのごろ

DSC06140

ここが何処か?皆目見当つきませんね。
右奥の山が安波山です。
震災前、大島へのフェリー乗り場があった付近だと思います。

DSC06141

南側方面。

右の建物は、新しくなった漁協のビルのひとつ。

向こうには亀山が見えます。

DSC06143

大掛かりな工事が着々と進められています。

GW中で、だぁれもいないです。

DSC06142

初めて知った、「胸壁」という言葉。
大々的な災害復旧工事現場などには、ほとんど行くことがないので、目を凝らしながら眺めてきました。

どうか予定通りに進みますように。

 

                                                     seiko

2015-04-30

内湾風景

DSC06092

しばらくぶりの投稿です。
暑さ寒さも彼岸まで、、、そして、桜もあっという間に葉桜になってしまいました。
そこそこ元気です。

震災からの復興も、、、区画整理は地権者の同意があってですから、、、なかなか。
皆それぞれ思い入れがあるので、まとめるのは難儀な作業だろうなぁ。

やっと、四月の声と共に、、、ぼつぼつ。
残っていたビルで住んでいた人たちの引っ越しも始まり、解体や基礎撤去があちこちで。

上の写真がどこか?だいぶ様変わりしたので、解らないでしょうか。

 元七十七銀行があった所から、南町~柏崎方面。

解体中のビル北側周辺に集合ビルが出来て、1-2階を店舗、3-5階が災害公営住宅の予定です。

 P4250191

解体中のビル。屋上から水を掛けながら、、、ベリベリベリ、、、。
周辺に何にもないので、思いっきり壊せる?のでしょうか。

なんだか、あっという間に無くなってしまうという感じ。

DSC06086

旧気仙沼女子高の解体も着々と。
ここにも災害公営住宅が建つそうです。

ときどき歩いて、進み具合を見ていこうと思いました。
店米山武は今のところ進展なし。
角星さんの店舗は復興住宅工事に支障が出てきたので、全部解体しました。
一時保管して、来るべき時が来たら補修建築されるとのこと。
たぶん、うちもそんな感じで解体されるかもしれません。
合地、仮換地、解体保存、かさ上げ、、、
土木用語だらけです(笑)が
気長に暮らしていきま~す。

 

seiko